{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011059589910   整理番号:60A0092649

電磁気法によるパイプの不完全部分の検山

Electromagnetic fault detection on non-ferrous pipes.
著者 (2件):
資料名:
巻:号:ページ: 127-147  発行年: 1960年
JST資料番号: C0287A  CODEN: JELCA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
従来パイブの試験は試行錯誤法によって水カ学的に行なっていたが量産体制に間に合わないので,新たに電磁気的検出方法を考案した.本方法によれば連続試験も可能なので産にも適用できる.まずパイプ内の電流分布が解ければパイプの棟子を理論的に予測できるという観点に立ち,円形で薄いパイプとこれをとりまく同軸の電流リングを仮定して,パイプ内のうず電流からこれらを知る.また不完全部分では短いパル久を発生するので,これより検出できる.この方法によるとバイブの大きさ(半径など)が変化するのも明確に区別できる.コイルの構成,パィブモデルなどを詳述した
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る