{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011062989555   整理番号:68A0284609

高張力鋼材の実用上の問題点総論高張力鋼材と橋りょラ

著者 (1件):
資料名:
巻:号: 12  ページ: 1419  発行年: 1967年
JST資料番号: F0404A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
高張力鋼の橋・りうへの適用は’構造の合理化’軽量化による経済性を目的とする.日本やドイツの橋jCうを例に高張力鋼を使した場合の設計上・経済上のデタを説明し・つぎに日本の樢・りj;う示方書に基づいて・使用鋼材’般許容応力度’局部座屈に対する制限などを厂さらに高張力鋼の衝撃値’伸び・絞)についても述べている;写図6表8
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る