{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011070119829   整理番号:68A0013079

2H(d,d)2H反応と2H(d,P)3H反応を用いての4Heの状態の探究

Search for states of He using Hdd and HdpH
著者 (2件):
資料名:
巻: 113  号:ページ: 557-560  発行年: 1968年
JST資料番号: D0209B  ISSN: 0375-9474  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: オランダ (NLD) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
2H(d,d)2H反応と2H(d,p)3H反応とを用いて,4Heの励起状態(エネルギー25.3~29.3MeV)を調べた。特に2H(d,d)2H反応では,T=0の状態だけ選択される利点がある。実験結果では共鳴状態は見つからなかったので,4Heの25.3~29.3MeVにはT=0の状態が存在しないことがわかった;写図2表1参6

前のページに戻る