{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011070265787   整理番号:68A0334707

家畜血清中のポリオウイルス阻害剤の研究 I ウシとウサギ血清中のポリオウイルス阻害剤の分布と性質

著者 (4件):
資料名:
巻: 20  号:ページ: 471-482  発行年: 1967年
JST資料番号: F0552A  ISSN: 0021-5112  CODEN: JJMCA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
家畜血清中のポリオウイルス阻害剤が抗体,または抗体に類似したものであるかどうか確めるために.ウサギとウシの血清中の阻害剤の分布と性質を研究.ウシ血清中では阻害剤は容易に認められるが,ウサギの場合は使用法に左右される.ポリオウイルスに対する阻害剤の活性は抗原型と異なるので阻害剤は定性的に異なるものと思われる.阻害剤に対する感受性によってポリオウイルスの区別をすることがある範囲で可能であった.両種の血清中で阻害剤は6~12か月の間に発達をしていた:参22

前のページに戻る