{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011070299517   整理番号:68A0358392

本邦産ダイズのふっ素合有量

著者 (2件):
資料名:
巻: 37  号:ページ: 280-281  発行年: 1968年
JST資料番号: G0811A  ISSN: 0011-1848  CODEN: NISAAJ  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
本邦産大豆(試料数114)のふっ素含有量を調査し,次の結果を得た.(1)総平均値は15.402ppm,最高値は長崎県産小粒ダイズの45.07ppm最低値は山口県白ダイズ1号の4.62ppmであった.(2)検査等級とふっ素含有量との間には何らの関係もなかった.(3)各県毎に平均値を求めると,高ふっ素量を示したのは長崎,静岡,新潟,愛媛,秋田の諸県,低ふっ素量を示したのは山口,滋賀,長野,青森,岩手の諸県であった.(4)ダイズのふっ素含有量は陸稲粳玄米の数値に近かった:参3
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る