{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011078917767   整理番号:68A0329819

cryptococcus neoformansのきょう膜物質について1きょう膜形成の培養条件

著者 (2件):
資料名:
巻:号:ページ: 202-206  発行年: 1967年
JST資料番号: G0589A  ISSN: 0583-0516  CODEN: SHSHB   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
cryptococcus neoformansのきょう膜形成の培養条件こついて,特に培養中にみられるきょう膜形成変異菌の曽殖に留意し,検討した.その結果,培地組成として,癌では白糖,麦芽糖が,窒素源としてはグルタミン酸,アスパラギン酸が良好であり,培養温度37°C,培地pHお~5.8が適当であった.しかし最もきょう膜形成によいと考えられる条件においても菌株により組織形成と同等のきょう膜形成が認められない点からきょう膜形成の表知の要素が考えられる:参3
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る