{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011080071107   整理番号:60A0029708

硫酸洗廃液の再生回収

Vac’ evaporator cuts acid recovery cost.
資料名:
巻: 67  号: 16  ページ: 66,68  発行年: 1960年
JST資料番号: B0251A  ISSN: 0009-2460  CODEN: CHEEA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
真空式自己蒸気圧縮法により8.5%ら20~21%H2SOままで濃縮.原液4,000gal/dayの処理量で設備賀は100.000$130°Fで運転.濃縮液に濃硫酸を補充して35%H2SO4とし遠心分離機にょりFeSO4(約7%含有)の結晶を分離する.処理費は消却費を除いて1.5φ/gal,廃酸を捨てれば3~3.5¢/galの損失Hanlon一GregOry GalVanlzlng Coのビッツバーグ工場に建設コ
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る