{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011089922134   整理番号:68A0018621

電子殻との相互作用による核の偏極

Polarization of nuclei by interaction with electron shells.
著者 (1件):
資料名:
巻: 103  号:ページ: 177-187  発行年: 1967年
JST資料番号: D0209A  ISSN: 0029-5582  CODEN: NUPHA  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: スイス (CHE) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
電子殻との相互作用による核の偏極は他の方法によるものよりも電子の大きい磁気モーメントのためより利点がある。さらに,この方法では偶数次の方向だけでなく寄の偏極も得られるため,弱い相互作用の研究にも適している。ここではhfs結合による核の偏極を(1)外場がない場合,偏極した電子を核がそのBohv軌道に捕獲した場合(2)原子を静磁場内においた時(Goter-Rose法),のそれぞれの場合について議論した。後者ではhfs結合の大きいときは核偏極に対する公式を求めることができ、さらにhfs結合の弱い場合について2次の項の計算を行なった;参14
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る