{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011094056135   整理番号:71A0364363

速中性子の放射線生物学的研究2各種薬物による雄マウスの放射線防護

Radiobiological investigations with fast neutrons. II. The radioprotective action of different substances on male mice.
著者 (7件):
資料名:
巻: 18  号:ページ: 83-88  発行年: 1971年
JST資料番号: A0481A  ISSN: 0004-7147  CODEN: ATKEA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: ドイツ (DEU)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
シスタミン,セロトニン,p-アミノプロピオフェノン,大腸菌のリボ多糖類,クロロトリアニセンなどの化合物ならびにこれらの化合物の併用投与によって,14.7MeVの速中性子線照射からマウスを中護することを試みた。もっとも有効であったのはシスタミンであるが,DRFは1.15でしかなかった。X線に対する防護効果よりはるかに弱い。クロロトリアニセンと併用投与すると,シスタミンの速中性子線防護効果は失われた。X線に対するレスタミンの防護効果はクロロトリアニセン併用投与で増強された。速中性子線の場合は線エネルギ付与が大きいことがX線との差を生むのであろう
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。


前のページに戻る