{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
文献
J-GLOBAL ID:201602011107915736   整理番号:58A0052513

電気利用の将来

What Next for the User of Electricity?
著者 (1件):
資料名:
巻: 26  号: 7/8  ページ: 257-260  発行年: 1958年 
JST資料番号: B0420A  CODEN: BEEIA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
20年後の米国に考えられる電気利用は,交通や工場の自動制御.船舶の原子力推進,自動車の熱電気駆動,木材の超音波と誘電加熱による加工.配電の高圧化と地下ケーブル化,発電単位の増大(1千MVA),原子力発電(総発電量の1/4),核刀と太陽工不ルギーの電気工不ルギーへの変換・尿庭消費電力の増大(1万kWh),熱ポンプ.静電掃除,超音波洗條,ベルチエ効果による冷凍と加熱,室の構成部分を成す新光源などである

前のページに戻る