{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011116813245   整理番号:68A0121200

鉄窪のモノスルファト錯体生成の温度飛躍法による速度論的研究

A temperature-jump study of the kinetics of the for-mation of the monosulfato complex of ironIII.
著者 (1件):
資料名:
巻: 72  号:ページ: 1378-1384  発行年: 1968年
JST資料番号: C0334A  ISSN: 0022-3654  CODEN: JPCHAX  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
表記生成速度を25°の醜溶液中で.イオン強度1.2と2.0財,温度領域7-33o(イオン強度0.展Mで測足した。μ=0.5盟での酸性度全域に渡って,錯体生成は酸依存経路と水素イオン濃度相反依存経路の二経路で起る。イオン強度1.2と2.0財で広い酸性度領域で測足すると,〔H+〕依存経路も高い酸性度で錯体生成に寄与している。FeSOオの生成と解離の活性化パラメータから酸依存経路の反応物としてFeOH2+やHSO-4よりFe+とSO2/4-を考えるのが適当である。その結果は,Fe3+のSO2/4-との反応が金属イオンに配位する水分子の除去速度を助長してもその除去速度が律速段階であるという立場と一致する;写2図6参27

前のページに戻る