{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011126262484   整理番号:58A0060841

Noise RadarでのRange決定の改善に関する技術上の一提案

A Proposed Technique for the Improvement of Range Determination with Noise Radar.
著者 (1件):
資料名:
巻: 46  号:ページ: 1652  発行年: 1958年
JST資料番号: D0384A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: オーストラリア (AUS) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
Bourretの提案に対する批判で彼は雑音を含むレーダ出力を遅延回路と二重微分回路を通して受信信号と相関させることを提案した。これは数学的には正しい様に見えるが彼の示したエネルギースベクトラム自体非実用的でその方法の有用さは疑わしく,有限帯域幅のものの最適値を求める数学的方法はまだ厳密には公式化されていない 寄書
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る