{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011143705659   整理番号:60A0057443

小環状化合物 XXVIII アリルカルビニルGrignard試薬(I)の同位体位置の転位

Small-ring compounds. XXVIII. Isotopeposition rearrangements of allylcarbinyl grignard reagents.
著者 (5件):
資料名:
巻: 82  号: 10  ページ: 2646-2647  発行年: 1960年
JST資料番号: C0254A  ISSN: 0002-7863  CODEN: JACSAT  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
IとCH3ONH2との反応で得られたアミン,また14Cで標識したIと酸素との反応で得られたアルコール中に転位生成物が存在する機構として,アリルカルビニル構造とシクロプロピルカルビニル構造が関与することをNMRスペクトルから推定
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る