{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011145750708   整理番号:60A0107015

記憶保存された騒音的な参照音があるときの特定信号音検出

Detection of a signal specified exactly with a noisy stored reference signal.
著者 (1件):
資料名:
巻: 32  号:ページ: 1038-1045  発行年: 1960年
JST資料番号: C0249A  ISSN: 0001-4966  CODEN: JASMAN  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
背景に白色ガウスノイズがある場合に信号音検出を行なう最適検出法の問題を理論的に扱う.ただし信号音それ自体は明確に規定されたものであるが,受信者の記憶過程は雑音があるので信号音はこの雑音をかぶっていると考える.いま最適受信者を想定した場合の紺果と,記憶系に雑着をもつ相互相関受信方式を用いだ場合の結果とを比較してみる
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る