{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011146055361   整理番号:68A0170883

アルハンゲルスク加水分解工場の培養基のための酵母培養菌の選別と培養基の良質性の研究

HccjieflOBaHHe AoGpoKanecTBeHHocTH cyficTpaT0B h rrofltfop KyjibTyp,nposoiceii ajih cpe.n ApxaHreJibc-Koro rH,npojiH3Horo 3aBOa.
著者 (3件):
資料名:
巻: 21  号:ページ: 18-20  発行年: 1968年
JST資料番号: R0039B  ISSN: 0016-9706  CODEN: GLKPA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
加水分解酵母の製造系における培養基の生物学的良質性を検討するために良質性の基準として生物学的評価,還元性物質,フルフラールと混合物の含有量を採用し,標記工場の加水分解物を用いて各種培養菌による培養試験を実施。酵母収量から培養菌としてCandidatropicalis KΠ-1が最も良好であることが判明。また,硫酸アルミニウムを用いて着色物質とコロイド物質の含有量を減少することによる培養基の精製は培養収量を増加させる;表3参5

前のページに戻る