{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011156657980   整理番号:68A0150631

ラット肝ミクロソームからの血しょう糖たんぱく質の生合成に関与する糖ペプチドの単離

Isolation of glycopeptides from rat liver microsomes involved in the biosynthesis of plasma glycoprotein.
著者 (3件):
資料名:
巻: 243  号:ページ: 656-665  発行年: 1968年
JST資料番号: E0038A  ISSN: 0021-9258  CODEN: JBCHA3  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
グルコサミン-1-14Cを注射したラット肝ミクソームから14Cを含む糖ペプチドを種種単離。マンノース,N-アセチルグルコサミンが多い。このうちの一っはシァル酸,ガラクトースを全然含まない。この中の糖は血しょう糖たんぱく質の内核を作るらしい;図10表4参50

前のページに戻る