{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011157760547   整理番号:68A0267239

ぼたと軽量骨材

著者 (1件):
資料名:
号: 955  ページ: 1222-1224  発行年: 1967年
JST資料番号: F0463A  ISSN: 0369-4194  CODEN: NIKKA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
A炭鉱の低品位炭回収後のぼたについて,その性状と軽量骨材の原料としての検討結果の概要を述べ,あわせて焼成軽量骨材製造における諸要因について簡単に考察した。ぼたの性質は,構成岩種,鉱物組成,化学成分から検討した。焼成軽量骨材の製造は,膨張性を有する天然岩石を単に破砕・焼成することにはじまったが,次第に,膨張のまったくない,あるいは膨張性の乏しい物質に適当な添加材を加え,粉砕,成型して膨張性を賦与する方向に進みつつあり,事実,原料を基材,融点調整材,ガス発生材,およびそれらの粒度を適当に組み合わせれば膨張可能の事が解った;表7
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る