{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011163494204   整理番号:68A0076135

航空機部品の応力腐食割れを防止するショッピーニング

Shot peening prevents stress cracking in aircraft equipment.
著者 (1件):
資料名:
巻:号:ページ: 39-42  発行年: 1968年
JST資料番号: D0040B  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
航空機着陸装置部品に使っているアルミェウム鍛造品(7079-T6)に発生した割れ,翼けたに発生した割れについて研究した。最初は結晶粒間の割れから粒間酸化が進行していることを確認し原因は明らかに応力腐食割れであることを結論した。解決策としては表面に圧縮応力を付加するショットピーニングが有効なことを説明する;写8図1参2
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る