{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011166610566   整理番号:68A0090750

工芸作物円芸作物野菜用諸機械発展の展望

ПЕРСПЕКТИВЫ РАЗВИТИЯ МАШИН ДЛЯ ТЕХНИЧЕСКИХ КУЛЬТУР ОВОЩЕЙ И САДОВ
著者 (1件):
資料名:
号: 12  ページ: 19-21  発行年: 1967年
JST資料番号: R0303A  ISSN: 0321-4443  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
10月菓命以前はもっぱら手作業によっていたこれらの作物の栽培収穫も現在は大分機械化されたが,全耕地面積の15%を占めている割には,機械化はまだ低い段階にある。工芸作物関係212機種のうち常時生産は75,組合せ機種として生産されているのは20にすぎない。トウモロコシの収穫だけは100S機械化されていて機械生産も減少している。下記作物の栽培管理収穫用新機種の名称と簡略攻仕様・性能を列挙している。バレイショ,テンサイ,アマ,茶トマト,キュウリ,キャベツ,玉ネギ,ニンジン,グリーンピース,アンズ,プドウ左ど。その他かん水,せん定,選別用機械にもふれている;写図3表1

前のページに戻る