{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011171475073   整理番号:68A0278601

学校防音工事の現状

著者 (1件):
資料名:
号:ページ: 33-37  発行年: 1967年
JST資料番号: G0442A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
騒音による生活妨害中特に飛行場周辺の航空機離着陸時の騒音があげられる。現在防衛施設庁に於て,自衛隊,米軍の航空基地周辺の学校等に対して,防音化に要する費用を補助し防音の技術的方法及び基準を定めている。その現状を主として音響材料の面から概略を述べた;写図7 表3
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る