{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011171510685   整理番号:68A0155343

プロプラノロールと神経筋しゃ断薬との相互作用

Interaction of propranolol and neuromuscular blocking agents.
著者 (2件):
資料名:
巻: 32  号:ページ: 428P-429P  発行年: 1968年
JST資料番号: B0334A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
静注したスクサメトニウム,デカメトニウムおよび(+)-ツボクラリンに対する静脈内にかん流したプロプラノロールの影響を検討した。ネコの前けい骨筋とヒラメ筋を神経を介し間接的に刺激しその反応と血圧,心拍数を同時に記録した。プロプラノロールのかん流を開始すると心拍数は著しく減少したが,筋の反応には影響しない。との時,神経-筋しゃ断薬を与えると,プロプラノロール投与前に比べスクサメトニウムとデカメトニウムの作用は増大し,(+)-ツボクラリンの作用は下降した。この差はプロプラノロールにより高められた伝達物質の有用性が脱分極薬の作用を強めることによる;参5
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る