{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011187326310   整理番号:60A0107772

コーナレフレクタアンテナの設計

Design of corner reflector antennas.
資料名:
巻: 78  号: 10  ページ: 12,26  発行年: 1960年
JST資料番号: E0391A  CODEN: WRCOA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
最近電離層散乱通信にコーナレフレクタアンテナが用いられるようになったのでその詳しい設計データを得るため米国規格標準局で行なわれた冥験的研究を紹介した,木製のフレームの上にアルミはくを敷いたレフレクタを用い,その広さを簡単に変化できるようにし,開口角も20°から180°まで可変になっている。励振器は半波長の折り返しダイポールを用い,その位置も広範囲に変化できる。レフレクタの幅は最小0.5波長は必要で,2波長以上は余り意味がないことがわかった外,多数の設計データが得られた
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る