{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011190827894   整理番号:68A0080712

平面交差点に関する考察

Considerations for intersections at grade.
著者 (1件):
資料名:
巻: 99  号:ページ: 88-91  発行年: 1968年
JST資料番号: D0409A  ISSN: 0033-3840  CODEN: PUWOA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
交差点は交通混雑を起すポイントであり,潜在的な危険ケ所である交差点は交通をスムースに通すよう改良されねばならないが,これに関係するファクターは,(1)交通,(2)物理,(3)経済,(4)人間的ファクターに分れる。(1)は交通量とその分布,質,(2)は交差点の形,地形,(3)は改良コスト,(4)は運転習慣,行動様式などである。これらを考えて改良するのであるが,多くの場合,右折車線の設置,出入ロの設置,十分な視距の確保など大きな効果をあげる。またチャンネリゼーションも混雑防止に効果があるが復維なものはかえって混乱をまねく場合がある;写1図1
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る