{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011208531300   整理番号:68A0211229

高電圧整流回路のゲルマニウム・ダイオードの分路

О шунтировании германиевых диодов в схемах высоковольтных выпрямителей.
著者 (2件):
資料名:
巻: 11  号:ページ: 293-297  発行年: 1968年
JST資料番号: R0144A  ISSN: 0136-3360  CODEN: IVUEA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
整流装置において高い電圧を得るためにゲルマニウム・ダイオードが回路に直列にそう入される。この場合ダイオードを抵抗で分路すると装置の信頼性が高くなると言われ,抵抗の値についても若干の論議がある。しかし逆の結果も現われている。つまり整流装置に加えられる最大交流電圧およびダイオードの逆耐電圧が分路によって低下する。本文では理論的,実験的にこの事実を解明する;写図3表1参5
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る