{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011215645966   整理番号:68A0017600

199Auの準位と転移率

Levels and transition rates in 199Au.
著者 (3件):
資料名:
巻: 103  号:ページ: 337-360  発行年: 1967年
JST資料番号: D0209A  ISSN: 0029-5582  CODEN: NUPHA  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: スイス (CHE) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
199Puから199Auへのβ崩壊をGe(Li)検出器で二重収束型βスペクトロメータを用いて測定した。この測定で34本の転移が見つかり,γ-γ,β-γ同時計測により9本の準位と2.5本の転移スピン,パリティ及び多重極度が決定された。遅延同時計測も行なわれ三本の準位について半減期が分り,5本の準位について,その上限がわかった。また55.15keVのM2が支配的な異性核転移が発見された。第一励起偶偶寄生状態はコア励起状態模型で議論した;図9 表7 参39
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る