{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011228316627   整理番号:68A0163408

細胞静止作用の可能性をもつ2-アミノ-5-ベンジル1,3,4-チアジアゾ-レの新誘導体の植物学的研究

Phytobiologische Untersuchungen neuer Derivate des 2-Amino-5-benzyl-1,3,4-thiadiazols mit eventueller cytoatatischer Wirkung.
著者 (5件):
資料名:
巻: 17  号: 12  ページ: 1551-1553  発行年: 1967年
JST資料番号: A0462A  ISSN: 0004-4172  CODEN: ARZNA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
2-モク口ルアセチル-アミノ-5-ベンジル-1,3,4-チアジアゾ-ルはAllium cepa根の生長抑制を0.025‰,0.05‰0の濃度で,共にコルヒチン0.2‰に相当する度にあった,有糸分裂は可逆的な抑制があったが,破壊的疫ものではなかった。2-ジクロルアセチル-アミノ-は根の生長抑制があったが,有糸分裂は不可逆的な抑制が0.05‰の濃度で存在した。2-トリクロルアセチル-アミノ-は0.05‰の濃度で根の破壊があり,0.025‰の濃度で可逆的な有糸分裂抑制があった;写図8参20

前のページに戻る