{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011241647004   整理番号:68A0113418

酸性溶液中におけるアルミニウム上での電解水素発生反応

Electrolytic hydrogen evolution reaction on aluminum in acidic solutions.
著者 (1件):
資料名:
巻: 72  号:ページ: 1148-1156  発行年: 1968年
JST資料番号: C0334A  ISSN: 0022-3654  CODEN: JPCHAX  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
数種類の酸性溶液中に論けるアルミニウム上に誇ける電解水素発生反応(her)の機構を研究した。測定実験としては、定電流電流一電位曲線.初期の陰極電位からの開回路条件での減少,陰極充電曲線,みかけの活性化熱の定量をおこなった。Tae1こう配,交換電流密度,反応次数,みかけの活性化熱,充電曲線および電位降下曲線における停留値の出現しないこと.などから機構を推論した。おそらく,全反応に対する律速段階として,初期放電段階がきいていると思われる;参47
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る