{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011242377043   整理番号:68A0152437

アスパラギン酸とグルタミン酸によるPseudomonas sp.のアスパラギナーゼおよびグルタミナーゼ活性の誘導

Индукпия аспарагиназной и глютамназной ак-тивностей У Pseudomonas sp. Аспарагиновой и глютаминовой кислотами.
著者 (4件):
資料名:
巻: 32  号:ページ: 1093-1098  発行年: 1967年
JST資料番号: R0017A  ISSN: 0320-9725  CODEN: BIOHA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
Pseudomonas sp.のアスパラギナーゼおよびグルタミナーゼ活性は培地にアスパラギンかグルタミンのみを添加するさい同時に誘導される。アスパラギン酸とグルタミン酸も単独で両酵素を誘導。ただしこの場合は培地にアンモニアが必須;図4 表3 参8

前のページに戻る