{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011249632839   整理番号:68A0040350

ビッカース硬さと応力との関係について

著者 (1件):
資料名:
巻: S42  ページ: ,1-9  発行年: 1968年
JST資料番号: F0773A  ISSN: 0287-2951  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
材料に残留応力が存在したり,外力による応力を受けている場合,硬さの値はこれらの影響を受ける。ここでは,ビッカース硬さ(Hv)について,Hvに及ぼす弾性的影響を,単軸応力状態下での圧こんの弾性回復,圧子の弾性変形,材料の加工硬化などを考慮して,詳細に解析を行なった.実験は,試料が圧縮応力を受ける場合は銅について行ない,引張応力を受ける場合は鋼について行なったただし後者の場合は,ショア,ブリネルなどによる値をHv値へ換算して示してある.理論値は実験値の示した傾向をよく説明しているようである;写図11参4
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る