{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011251536618   整理番号:68A0195937

織物生産機械の能率増進

Die Leistungssteigerung der Gewebe-Produktionsmaschi-nen.
著者 (1件):
資料名:
巻: 18  号:ページ: 38-41  発行年: 1968年
JST資料番号: E0004A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ITMA’67展示会における織布機械部門では次の点が目立った。普通織機ではユニフィル,ボックスローダー等よこ管巻きの省力のほか織幅を広く(3~4m)して,回転数を変じても生産量を2倍(表あり)に,コストを10~30%低下させることを可能とした。また並幅織機では回転数を200~300回に増大させている。シャットルレス織機は実用段階となり,各種の織機メーカーとよこ入れ機構があるが,これらは織幅広く回転数も大で技術的に完成の域にありまた労力節内を可能としている。多数のメーカーの織機につき’67年以前のものと以後のものの回転数と生産量の比較表が示された;写図1 表4
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る