{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011253408811   整理番号:68A0044858

未臨界装置での反応度測定における空間依存

Spatial dependence in the measurement of the reactivity in a subcritical system
著者 (2件):
資料名:
巻: 10  号:ページ: 329-330  発行年: 1968年
JST資料番号: H0014A  CODEN: NUKKA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
中性子源として150 keV Cockcrof t -Walton加速器により未臨界,重水,天然炭化ウラン装置で反応度の測定を検出器の位置を変えて測定した,実験解析の手法はGa r e 1 i sとGozan i aの方法を用いた,両者の手法によると反応度は検出器の位置に依存し,かつ両者の一致は見られない.しかし,両者の算術平均値は検出器の位置の依存性がなくなり一定で,理論計算値と非常に良く一致する:写図1表2参11
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る