{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011307824492   整理番号:68A0213768

金張りバネ線の使用による愚ト形部品の信頼度向上

iold clad spring wire contacts increase reliabilityV ultraminiature connectors
著者 (1件):
資料名:
号: 67  ページ: 343-347  発行年: 1967年
JST資料番号: H0393A  CODEN: PECCA   資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
電気的接点の信頼度を向上する優れた接点材料の開発と使用方法をのべた。この材料は金張りBe銅のバネ線である。金張り層は孔がなく,拡散防止層になっており,接点の安定性にとって最も重要な耐腐蝕性がいちじるしく優れている。その上,このバネ線は加工性に優れており,通常のバネ線加工技術を使って強く巻いたバネを作ることができる;写図3表3参2
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る