{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011315900394   整理番号:68A0314555

ラットにおける75Seの転換率

Total rate of body turnover of seleniunL-75 in rats.
著者 (3件):
資料名:
巻: 229  号: 5159  ページ: 1173-1174  発行年: 1968年
JST資料番号: D0193A  CODEN: NATUA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ラット,その尿と排出物中における75Seの転換率のγ線量測定について研究した。実験は8匹の雌のラット(Holtzman種)を28°Cのそれぞれのかごに入れロツクランドのペレット状のえさで飼育した。75SeはH275SeO3の形で0.5μCiだけラットに与え尿,排出物を捕集し,同時に同量の75Seを500mlに希釈し標準とした。分析は2πのカウンタで最初の24時間は3時間おき,次の5日間は毎日1回,最後の10日間は1日おきとした。尿とホモジナイズした排出物は500mlとした後放射能をしらべた。その結果75Seの全生体カウントの典型例を得,分散を示すA部分,生体内における各種プールセンターの吸収時間をあらわすB部分と有効半減期と目される生体の固定期間であるC部分があり,AとB部分は有効半減期を示さず生理学的意義は不詳である。別に尿,排出物の分析で投与量の28%が吸収されること,最初の4日間は排出は早いか次の11日間は減退することなどが判明した;写図2表1(倉田邦夫)
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る