{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011327948945   整理番号:68A0318430

113Inの393keV遷移のK内部変換係数について

On the K-conversion coefficient of the 393 keV transi-tionin 3 In.
著者 (2件):
資料名:
巻: 55  号:ページ: 591-592  発行年: 1968年
JST資料番号: C0613A  ISSN: 2037-4895  CODEN: NIFBAP  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: イタリア (ITA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
113Inの393keV遷移のαkについては.これまでにほぼ同時に測定されたSenetal(’65)の0.431±0.007.とJha等の0.567±0.05の測定がある。今回の測定の目的はこの二つの数値の大きな違いを解決することと電子捕獲の起らぬ113Inmの崩壊を利用して(これによるX線の混入を防ぐ)きれいなγスぺクトルをとるのが目的である。測定は1〓”×2”のNaI結晶を用いて行なった。X線と393keVの遷移強度比0.408±0.005とFink等によるKXけい光収量値0.45からαkを計算し.0.454±0.012を得た。これはSen等の値に近く.M4の理論値0.445とよく一致する;写図1参5
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る