{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011329050237   整理番号:68A0262444

パイブラインの通信機関計画

Pipe line communications planning.
著者 (1件):
資料名:
巻: 29  号:ページ: 43-45  発行年: 1968年
JST資料番号: C0605A  ISSN: 0032-0145  CODEN: PLINA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
連邦通信機関委員会の下したパィプライン分野の会社に対する,私有の超短波システムの費用負担に関する決定の影響を分析する。現代のパイプラインは制御,監視,操業のため信頼できる効果的な通信機関が必要であり,この決定により費用を分担する事によって超短波放送のチャネルを使用できる事になる;写1参3
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る