{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011334334693   整理番号:68A0128358

氷晶石とふっ化ナトりウムの分折に論ける許容偏差の値

Величины допустимых отклонений при анализах криолита и фторида натрия.
著者 (2件):
資料名:
巻: 23  号:ページ: 145-148  発行年: 1968年
JST資料番号: R0134A  ISSN: 0044-4502  CODEN: ZAKHA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
計画的な生産管理のため,分析結果の正確度について研究。ふっ化ナトリウム34試料,氷晶石の68試料についてそれぞれNaF,Na2CO3,NaSSO4,不溶解残査およびF,A1,Na,SO4を4実験室で定量した。各試料について分散,5%有意水準の病nax,分析結果の再現性の実験室間の誤差を表示。0.95の信頼限界における二つの平行実験の間の許容偏差,多数の分析による結果と試料の分析結果との間の許容偏差,コントロール分析の許容誤差などの計算方法を示した。氷晶石とふっ化ナトリウムの分析の許容偏差を表示した;表3参3
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る