{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011344200792   整理番号:60A0028144

接着曲げ細工による椅子の生産

Производство полумягких гнуто-клееных стульев.
著者 (2件):
資料名:
巻:号: 10  ページ: 19-20  発行年: 1960年
JST資料番号: R0024A  ISSN: 0011-9008  CODEN: DVPYA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
椅子は前脚部を除いてすべて接着曲げ材から組立てられている.本文にはゴメリペニヤ・マッチ・コンビナートにおける椅子生産の全工程の操作が詳述されている。この工場には6台のプレス装置をはじめ65の装置が総合されており,原料は厚さ2~2.2mm,長さ1600mmの薄板である。新しい製作法でこの工場は椅子1,000個につき26.1m3の木材を節約し,1959年には2850m3の高価な原料を節約した.なお曲げ材の廃材によって子供用の椅子,台所用品,衣服掛けなどをつくっている;写3
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る