{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011359820932   整理番号:68A0197125

線形および非線形の物理系における周期的かつ可変的な領域の研究におけるモデルとしての電気系の応用の理論

Teoria ed applicazioni dei modelli eletrrici per lo studio dei regimi periodici e comunque variabili nei sistemi fisici lineari e non lineari.
著者 (1件):
資料名:
巻: 54  号: 10  ページ: 757-777  発行年: 1967年
JST資料番号: B0468A  ISSN: 0013-6131  CODEN: ETRTA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イタリア (ITA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
モデルによって,電気系の動作を解析する方法について述べる。実際の研究に表われる多くの問題を二つの観点から取り扱かう。一は,相似の条件を数学的に求めること,第2は,モデルを作るための条件と、その適用限界である。第1部では,相似の条件を求めるため,次元解析を行ない,その応用法を述べ,第2部では,実際にモデルを設定するときの困難さと,それを克服する方法について述べた。よく表われる電気量の間のスケール因子を表示した;表6 参12

前のページに戻る