{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011360225193   整理番号:68A0098511

強化樹脂をトラックのボデーに使用

ReiSPorced plastics gird for comeback in truck cabs
資料名:
号:ページ: 98-100  発行年: 1968年
JST資料番号: D0400A  ISSN: 0032-9754  CODEN: PRENA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
。ガラス繊維強化樹脂(GRP)は強じん,軽量,耐食性良く,組立てが簡単で,設計の応用範囲が広い々どの長所をもち,これを活用して,鋼板に代って徐々にトラックに使用され始めている。従来鋼板を打突き成形し,これを溶接,仕上げ加工,吹付けすると,たとえば64点の構成部品を10工程で組立て,重虻174 M と;なるが,これをGRPに置き換えると,5部品,2工程,重罰:74乃とな,り,工数の低減をはじめ,製造期間の短縮など多くの利点があるばカリでなく,修理も容易である。新しい強化成形樹脂の自動車への応用を解説;写図6
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る