{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011377475630   整理番号:68A0328352

ラットの脱落膜形成と甲状腺機能の変化との関係

著者 (3件):
資料名:
巻: 18  号:ページ: 239-246  発行年: 1967年
JST資料番号: G0648A  ISSN: 0040-8719  CODEN: TJARA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
甲状腺機能を6-メチルチオウラシル投与で抑制した時に繁殖障害がみられ,また脱落膜の形成が減少する.この現象はプロゲステロン,チロキシン処理では変化しない.甲状腺ホルモンの役割は子宮内の胎児の生存と成長を持続させることにあるらしい.6-メチルチオウラシル処理による脱落膜形成の減少がホルモン作用にもとづくものが特異的毒性因子によるものかは明らかでない:参18
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る