{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011379908240   整理番号:68A0334735

緩効性窒素を含む高度複合肥料と単肥配合のナシに対する肥効の相違

著者 (2件):
資料名:
巻:号:ページ: 134-139  発行年: 1967年
JST資料番号: G0593A  ISSN: 0583-0621  CODEN: SDNOAM  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
火山灰土壌をつめた大型コンクリート鉢に二十世紀ナシを植え,窒素緩効性の尿素りん安系複合肥料を施用した樹,それとほぼ同成分量の単肥を配合して施用した樹で,樹体の生育量,果実収量,品質,葉内要素含量,肥料成分の土壌からの流失量を比較.(1)樹体生育量,果実の収量,品質は複合肥料区がすぐれ,(2)夏季の葉内窒素、含量は複合肥料区のほうが高く,(3)窒素の土壌からの流失は,単肥配合区のほうが多く,とくに硝酸態窒素に大きな差が認められた:参8

前のページに戻る