{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011385545001   整理番号:60A0079123

ガス糟製のひ素-ソーダ過程におけるアルカリ廃液の利用

Использование отработанной щелочи в мышьяковосодовом процессе очистки газа.
著者 (3件):
資料名:
巻:号:ページ: 17-18  発行年: 1959年
JST資料番号: R0034A  ISSN: 0016-5581  CODEN: GZAPA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
アルカリ廃液を湿式脱硫装置中のソーダの取替に利用する可能性に関する実験室的実験と工場実験,実験室的実験~アルカリ廃液の添加が稼働中の溶液のPHの変化に与える影書および溶液の浮遊性に対す影響の検討.アルカリ廃液を使った工場実験でも,ガスの清浄化は93~98%,脱硫は標準どおり;図1表1

前のページに戻る