{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011406445819   整理番号:68A0176180

牛乳からのカルレボキシメチルセルロースの定量的回収

Quantitative recovery of carboxymethylcellulose from milk.
著者 (2件):
資料名:
巻: 16  号:ページ: 77-79  発行年: 1968年
JST資料番号: C0251A  ISSN: 0021-8561  CODEN: JAFCAU  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
トリプシン消化の牛乳の12.5%TCA可溶区分より有機溶媒沈殿により食品安定剤であるカルボキシメチルセルロース(CMC)の回収の研究を行なった。牛乳より分離したCMCは元のものと全く同じでたんぱくとの結合もなかった。回収も定量的に行なうことがで回収率は脱脂乳,全乳,アイスクリームミックスのいずれの場合も約93%である。しかしチョコレートミルクの場合は同じ方法で回収することはできない;図3表1参8
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る