{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011440922758   整理番号:68A0173311

材料の設計 III アセタール単独重合体

Designing for materials.Acetal homopolymers.
著者 (1件):
資料名:
巻: 33  号: 368  ページ: 679-680,683-684  発行年: 1968年
JST資料番号: D0335A  ISSN: 0032-1125  CODEN: PLALA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
エンジニヤリングプラスチックとしてのアセタール単独重合体を射出成形する場合,製品の設計上の問題点を解説。簡単な例としてまずシャフト,キ-,カム,ピニョンから成るアセンブリーのコストダウンを目的とするためアセタールの優秀な特性を利用しつつ金属と併用,代替する例を図解。さらに成形ひずみ,収縮,ゲートなどについても解説しながら具体的例としてねじ,小口径のねじ孔,ギヤーホィールなどの設計図を示し,最後に誤差許容値について言及し,また最もよい検査の方法は目視検査を別として計量検査であることを説明;図9
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る