{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011467156100   整理番号:68A0241766

金属鉄と接触する系固溶体のでにおける活量組成関係

Activitycomposition relations in solid solutions of the system CaPeSij in contact with metallic iron at G.
著者 (2件):
資料名:
巻:号: 12  ページ: 1931-1939  発行年: 1967年
JST資料番号: E0265A  CODEN: TMSAA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
45,40X,30X T,30X CAの各鋼をいろいろの方法で熱処理した後,各鋼種毎に荷重を変えた摩耗試験機によって耐摩耗性を試験し,結晶特性と関係を検討した。各鋼種の焼入温度を高くすると結晶格子の欠陥密度を高めたが,これは1100°C(20分)と100ご〔2時間)で最高になるX線の干渉線の物理的な幅で示される。低温焼もどしの試料では焼入温度の上昇とともに摩耗は減少し,(220)線の物理的な幅.摩耗量および焼入温度の間に一定の関係が得られた。高温焼もどしではオーステナト結晶の成長によ摩摩耗量が増加した。転がり摩擦での鋼の耐摩耗性は焼入焼もどしの状態でオーステナイト粒のような組織に支配される;図2表2参4
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る