{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011476287706   整理番号:68A0043784

純流体素子の最近の進歩と鉄道への応用

著者 (1件):
資料名:
巻: 25  号:ページ: 299-307  発行年: 1968年
JST資料番号: F0333A  ISSN: 0388-9521  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
純流体素子の現在までの進歩と長短所,麹作原理などを解説し,純流体増幅素子では噴流偏向形,渦巻彰,衝突形およびDLEA形の概要流体論理素子では側壁付着形論理素子,粘性付着形素子誘引形素子,乱流論理素子,フォーカスジェット形素子,エッジトーン形素子側壁付着形素子を用いた発振回路,カウンタ素子の概要,つぎに応用として工作機械,温度調節器,液面制御,検査装置,医療機器,計算機その他の例,また鉄道への応用ではディーゼル電気機関車の空転防止,速度制御に利用した編ューヨークセントラル鉄道,国鉄でのレールポイントの除雪,新幹線の雪害対策などの例を紹介;写図27参5
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る