{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011476907526   整理番号:60A0069863

ピリドキシンの含量を変えた高しょ糖食で飼育したラットの歯のカリエス

Dental caries in the albino rat fed high sucrose diets of relatively high and for pyridoxine content.
著者 (3件):
資料名:
巻: 70  号:ページ: 69-71  発行年: 1960年
JST資料番号: E0050A  ISSN: 0022-3166  CODEN: JONUA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ピリドキシンを充分含んでいる食飼群に著量添加した結果カリエスの減少効果はない.よって先に報告した同一量しょ糖摂取群のカリエス発現の差はピリドキシン量によるものでは疫いことが判明

前のページに戻る