{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011480940066   整理番号:68A0162203

膨脹重合体を製造するための新らしい技術

Nuove metodologie per produrre polimeri espansi.
著者 (2件):
資料名:
巻: 16  号: 127  ページ: 19-21,24-25  発行年: 1968年
JST資料番号: H0067A  ISSN: 0032-2768  CODEN: PPRFA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: イタリア (ITA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ポリオレフィン,特にポリユチレンフォームの押出成形の紹介。ント型のシングルスクリュー押出機のペン孔孔ょリポリ講チレンに対して不活性な窒素,炭酸ガス,ネオンなどを送り込む。この騰張ポリエチレンには気ほう調整剤として分解型の発ぼう剤アゾジカボンアミド,酸化チタンも樹脂原料と共に押出機ホッパ-より投入され,シリンダー内でアゾジカルボンアミドはすでに熱で分解して窒素ガスを発生し,これが核剤となって気ほうを十分にこまかくする。アゾジカルポンアミドの分解の際に発熱し,これが有効ににとらいて核の生成に寄与するというホットスポット理論の紹介;写図4表1参2
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る