{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011485642110   整理番号:68A0199531

有機絶縁物の耐放射線特性

When the gamma heat is on insulators.
著者 (1件):
資料名:
巻: 16  号: 11  ページ: 72-75  発行年: 1968年
JST資料番号: C0397A  ISSN: 0013-4872  CODEN: ELODA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
絶縁物の中で有機物は他の非有機物よりも放射線により絶縁抵抗劣化などの特性変化を生じ易いが,この変化の程度は有機物の種類によりかなり差があるので原子炉などの近傍で使用する場合に物質の放射線耐性を知る必要があることを述べ,各種プラスチック材料に加えうるγ線照射の限界,他の環境による差異などを示して説明した。弾力性のあるゴムやPVCは固い性質の合成樹脂材料に比較して影響を受け易く,テフロンの損失係数は真空中と空気中での照射で異った変化特性を示し,カプトンは高い耐照射性をもつ;写図4表1
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る