{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011491702329   整理番号:68A0161983

ステリンの脱メチルの素反応:酵母のデメチラーゼの調製と性質

Investigation of the component reactions of sterol demethylation preparation and properties of yeast demethylase activity.
著者 (2件):
資料名:
巻: 124  号: 13  ページ: 167-175  発行年: 1968年
JST資料番号: B0023A  ISSN: 0003-9861  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: オランダ (NLD) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ステリンデメチラーゼ活性を含むミクロソームの調製法を示した。ミクロソームをジトレイトール処理すると凍結により活性は保存される。ラノステリン-14Cから14CO2と脱メチルされたC27-ステリンとを生ずる。NAD,グルタチオン,中性pHを必要とし,ラノステリンに対するKm,4-メチルステリンに対するKiなど肝臓のそれと類似;図5表5参25

前のページに戻る